オラクルカード

解説書は使う?使わない?どっちがいいの!?

解説書は使う?使わない?

オラクルカードの解説書・あなたは使う?使わない?

今回のテーマは
オラクルカードの解説書を「使う使わない問題」について、です!

オラクルカードの解説書って、オラクルカードの箱の中には絶対入っているちいさな冊子なんですが、

・絵のコピー
・カードのタイトル(単語)
・解説

大体この3つが書かれているものです。

1〜2ページでカード1枚の解説になっている事が多いですね。

この解説書、あなたは読む派ですか?それとも読まない派ですか??

実は解説書は人によって「読む」「読まない」がけっこう分かれているんですが、
どちらのタイプの方も「これでいいのか不安…」というお悩みがすごく多いんです。

解説書についてよくあるお悩み

【読む派の人のお悩み】
・読んでもよくわからない
・混乱してしまう
・質問内容と合わず、どう解釈すればいいかわからない

【読まない派の人のお悩み】
・絵柄からしか読んじゃダメって聞いたから読まないようにしてるけど、本当はカードの意味が合ってるのか不安
・いまいちカードを理解しきれない

読んでも悩む、読まなくても悩む…これではますます読むか読むまいか迷ってしまいますよね!笑

これは私のリーディング講座に来てくれる生徒さんたち、特に経験者の方達みなさん悩んでいたことで、オラクルカードリーディングでもかなりよくあるお悩みです。

今回はそんな「解説書」についてプロの目線から詳しく説明していきますね。

 

解説書は「使おう」!

結論から先に言うと、オラクルカードの解説書は使った方がいいです!
ぜひ解説書を読みながら練習していきましょう〜🌟

というのも、「解説書を一切読まない」というのは、正直ちょっと極端すぎるんですね。

特に

・全くの初心者さん
・絵柄から読むのが苦手な人
・まだ慣れていない人

これらの方々は、最初から一切解説書を読まないと言うのはかなりマズいです。

基礎知識がないまま「雰囲気」だけで読んでしまうと、カード本来の意味を間違ってとらえてしまって、正確に読むことが難しくなってしまいます。

 

そもそも解説書とは

そもそも解説書とは「それぞれのカードの意味を説明・解説したもの」です。

その他にも

・絵の意味や補足
・こんな読み方ができるよ〜というヒント
・こういうことをしてみるといいよ〜というアドバイス

こんなような「いいこと」がいっぱい書いてあります。

物によってはワークやアファーメーションが付いていて実践できるようになっている物もありますね😊

 

基本的に「カードの絵柄と解説書」この2つはお互いを補い合っているもの、と考えてください。

解説書というのはオラクルカードの作者が「カードを使う人がわかりやすいように」と作ってくれている物。

それを「一切読まない」というのは…ちょっともったいなさすぎると思いませんか??

 

なぜ「解説書は読まない」と言う人たちがいるの??

解説書はそんなに良いものなのに、なぜ「解説書を一切読まない派」がいるのでしょうか?

実は彼らは、

「解説書で混乱することを避けるために、あえて最初から読まないことでカードを読みやすくしようとしている」んです。

 

その「解説書で混乱する理由」とは、大きくわけて5つあります。

 

解説書で混乱する理由

①質問内容と解説に食い違いが出た場合、混乱してしまうから
…これは「オラクルカードあるある」なので、誰でも一度は経験することです。これには解決法があるので、それを意識すれば大丈夫です。

②解説書から先に読んでしまうと左脳が働き、正確なメッセージが鈍ることが多いから
…順番の問題なんですが、基本的にオラクルカードは絵柄を先に見て感じた方が、インスピレーションを受け取りやすい仕組みになっています。
文章はどうしても左脳的なので、がっつり読んでしまうとそちらに意識がよってしまうんですね。

③解説書の和訳が難しいから
…もともと感覚的な文章だったりして翻訳が難しかったり、文法の違いで接続文がおかしかったり、西洋宗教的な解釈あると日本人には感覚的に理解できなかったり…言葉の細かいところで引っかかってしまう方が多いですね。

 

④解説書を読むのがなんとなく格好悪いから
…解説書なしでスラスラ読むというのはやっぱり憧れますよね😆また、プロの場合「クライアントの前で解説書を開いているとちょっと信用問題に関わるんじゃないか」と心配される方もいます。

 

⑤「解説書は読まなくていい」と言う人がいるから
…こう言う人たちはプロやベテラン、絵柄読みが得意な人たちです。
彼らはもう読み慣れているので解説書を使わなくても読めますし、解説を読むよりそのまま読んだ方が早いので、「読まなくていい」と言いがちです。
それはそれでいいのですが、それを聞いた初心者さんが「読んじゃダメなんだ!」と混乱してしまっているのを多く見かけます。

 

解説書をうまく使うにはどうすればいいの??

「解説書を読む派だけど読んでもよくわからなくて混乱してしまう」という方は、
解説書で混乱する理由の①〜③のところに引っかかってしまっている、ということがほとんどです。

ということは、そこだけ気をつけてあげれば「解説書・読む読まない問題」は解決できるんです!

また、最初は解説書を使っていたとしても、いずれ解説書を使わずにカードを見ただけでスラスラ読めるようになれますので、安心してくださいね😘

逆に、「カードを見ただけでスラスラ読める」ようになるには、解説書をしっかり理解してうまく使っていく事が必要不可欠です。

 

「解説書うまく使うにはどうすればいいか?」というのはまた別の記事で詳しく解説していきますので、ぜひそちらもチェックしてみてください。

今回はさっきの「解説書で混乱する5つの理由」というのがあって、これが原因で「読む派読まない派」どちらも混乱して困っているんだ〜🙄というところだけ覚えておいてくださいね。

 

解説書は使って良い!

もう一度結論をおさらいしておきましょう。

オラクルカードの解説書は読んだ方が良いです!

特に初心者さん、絵柄から読むのが苦手な方!
ぜひ解説書を読みながら練習していきましょう。

 

…というか、むしろ解説書だけで読んでもオッケーなんですよ!

「ぜったい絵柄から読まなきゃいけないんだ…!!」と思い込んでいる方が多いんですが、絵柄から読むのが苦手な人は解説書だけで読んでいいんです。全く問題ナシ。

オラクルカードは人によって読みやすい方法が違いますので、自分が読みやすい方法を選んだ方が正確に読めます。

しかも自分に合った読み方だととっても楽に、簡単に読めるようになるんですよ〜

もっと気楽に使ってもらって大丈夫なので、あまりガチガチにならずにゆるくやってくださいね。

その方がカードも読みやすかったりするので、「頑張らない」ことを頑張っていきましょう〜笑

ではまた💋

【今回の記事の解説動画はこちら】